収集のヒロインは切手

切手に高い価格がついて取引される場合

切手の売り買いで、日本が切手ブームに沸いた時代、昭和の40~50年代頃のものが高値で取引される傾向にあります。古い切手も残存数が少なく希少で、明治から昭和にかけての切手も高値で売買されます。 昭和40年代、日本には切手取集ブームが到来中。記念切手の発行の日には沢山の人が買い求めましたが、現在でもキャラクター切手やタレントの写真が載った切手などが発行され、今でも切手収集を行う人は後を絶ちません。 他にも高値で売買されるプレミア切手には、日本が満州を占領していた時に発行・使用されていた切手があり、高値で売り買いされています。切手を高く売る方法としては、未使用切手であれば消印が押された使用済み切手よりも高い価格がつきます。未使用切手と使用済み切手で10倍程の買取価格の差が発生する場合もあります。保存状態の良い美品の切手も高額査定の対象となりますので、切手保存の際はストックブックやアルバムにピンセットを使って収納し、乾燥材も同封し丁寧に保存しましょう。切手を保存しておくと、思わぬ高値で売買されることもあるかもしれません。

切手を売るなら